Blog

売上が上がる!店長の時間の使い方とは?

いらっしゃいませ

こんにちは!Shopらんの Kaz です。

私は普段、お客様のShopらん導入のフェーズで、業務の整理や移行などを行うお手伝いをさせて頂いております。
私からは、主に小売業界に関係するネタをお話していこうと思います。
以後、よろしくお願いします!!

まず初回の今日は、ズバリ“お店の要(かなめ)”であり、一番売り上げをとり、一番お店のことを知っている…

そうです!
“店長”です。

今回は、店長の時間の使い方についてのお話をします。

早速ですが、その店長が売り上げをとる場所とは?
当然、売場(店頭)ですよね。
でも、ただ売場に立っているだけではダメですよね?
そう、接客が必要になります。

「なに、当たり前の事を言っているの?」と言われそうですが、実際に数字で見てみると・・・

97% もの店長が“接客”がもっとも大事な業務だと答えているのに対して、
時間が足りていると答えた店長は、わずか 7%にも満たない・・・

このギャップはどうして生まれているのでしょうか?
そこで“接客”の時間を阻害している要因は何なのか?を調べてみました。

・発注・検品・陳列など、商品に関連するもの。
・掃除/修繕・ディスプレイ変更など、売場に関連するもの。

どれも、確かに時間を要する業務ですが、直接店舗運営に関わる業務です。
阻害していると感じている店長は、4割程です。

また、付随して必要な業務として、

・勤怠・シフト表作成・棚卸・レジ〆など、管理に関連するもの。
・日報/月報・売上や経費報告・デベロッパー報告など、報告に関連するもの。
・メール・FAX受信返信、本部・他店からの電話対応・スタッフ共有/引継ぎなど、情報に関連するもの。

接客時間が足りません

など、こちらも店舗運営には必要な業務ですが、上記より直接の業務ではないので、こちらは、阻害していると感じている店長が、6割に上ります。

これらの業務、なかなか売場では出来ないものがあると思います。
では、どこでこの業務を行っているのでしょうか?

そうです、バックヤード(バックルーム)です。

このバックヤードに居る時間を計ってみたところ、驚きの数字が…

なんと毎日、2時間以上バックルームに居る店長が、44.2%!
1日の約1/4を、バックヤードで過ごしている事になります。

ですので、バックヤードに居る時間を短くすることで、
売場に立つ時間を長くし、接客を多くすることで、売上アップにつながる!
と、言えるのではないでしょうか?

Shopらんは、単にツールを提供するだけではなく、
今まで十数年蓄えたノウハウで、お客様と一緒に業務改善を考え、
より良いお店づくりができる、お手伝いをさせて頂ければと考えております。

(データ出展:株式会社ネクスウェイ)