Blog

第2回 チェーンストア研究会 報告レポート

2014年10月に「第二回Shopらんチェーンストア研究会」を開催いたしました。本研究会はShopらんのサービスの一環として、ユーザー様のお役に立てる情報を提供することを目的に年に一度開催しております。今回はユーザー様や外部講師の方をお招きしてチェーンストア業界の最新情報をお伝えしました。

開催のご挨拶:「情報共有」から「意識共有」へ

株式会社ドリーム・アーツ 代表取締役社長 山本孝昭

seminar_20141022_img1

ドリーム・アーツが現在、テーマとしてあげているのは「意識共有」です。
なぜ今「意識共有」が必要なのか、弊社代表山本よりお話しました。

「予想もしていない企業が突如競合となる時代であり、本社で考える戦略を店舗で実施していても通用しなくなっています。チェーンストア業界でも、今までの本部主導の “計画重視+管理重視” ではなく、現場主導の ”リーダーシップ+現場力“ が必須になってきます。そこに必要なのが現場での『意識共有』です」

【特別講演】O2O、オムニチャネルに小売業はどう対応すべきか?
‐ 顧客コミュニケーションの精度を高める個店マーチャンダイジングの姿とは? –

株式会社ポプラ 取締役副社長 中間昭登様

seminar_20141022_img2

2014年4月よりShopらんをご利用されている株式会社ポプラ 取締役副社長の中間様より「今、小売業は何を求められているのか」をテーマにポプラ様の事例や海外の事例をもとにお話し頂きました。

消費者がもつ『自分だけ特別扱いされたい!』(=プレミアムな買物体験をしたい!)というニーズに応えるために、スマートフォンアプリやポイントカードを利用している事例を紹介いただき、さらにポプラ社における顧客分析を通じて、各顧客層ごとの嗜好性に合った品揃え展開についてお話いただきました。

“最先端の技術を駆使した事例はとても参考になりました”という声が多く聞かれました。

【ゲスト講演】劇的に変わる!多店舗運営
– スマートデバイス最新活用事例 –

株式会社ソフトバンクモバイル 首席エヴァンジェリスト 中山五輪男様

seminar_20141022_img3

「iPhoneの伝道師」の異名を持つ中山五輪男様より、多店舗運営での最新のスマートデバイスの活用事例をお話し頂きました。

移動中でも各店舗の様子を監視しつつ遠隔操作を行えるiPadのシステムや、タイムカード・会計管理・予約管理等の店舗業務を全てiOSデバイスで行っているレストランなど、動画やデモを交えてご紹介頂きました。

また、“店舗運営を劇的に変えていく製品” として「pepper」のご紹介も頂きました。
CMやニュースだけでは知りえなかったpepperの生態を知ることが出来ました。

中山様には沢山の最新技術の活用事例をご紹介頂きましたが「どのように自分で生かすかは皆さん次第です」というお言葉もありました。
夢の溢れる近未来的なお話が多く、皆さま関心が高かったようです。

進化するShopらん・店舗matic
‐ 効果的な店頭ディスプレイを即時に実現!! ‐

株式会社ドリーム・アーツ らん事業部部長 石田健亮

seminar_20141022_img4

Shopらん開発責任者である石田より、Shopらんへの思いや近日リリース予定の新機能をご紹介いたしました。

Shopらんの開発で大切にしている事は「シンプルであり続けること」。 この1年で2000店舗ものお客様に新たにご参加頂きましたが、たくさん使う人がいるからこそシンプルで誰でも使いやすいこと、を心掛けております。

新機能「売場実現機能」は売場作りの指示や報告をShopらんで行っているお客様が多いことから生まれた、店頭ディスプレイに特化した機能です。
オプション機能である「売場ノート」の一機能としてリリース予定です。

「我々は開発メーカーとして、店舗の人が悩んでいる事を探り、Shopらんに反映させていきたいと考えております。
日々現場に入り込んで学ぶ機会を頂きながら、Shopらんは進化し続けます」

懇親会
seminar_20141022_img5

研究会のあとは、懇親会を開催しました。株式会社ネクスウェイ代表取締役 田中宏昌様より乾杯のご挨拶をいただきました。初対面とは思えぬほど、ユーザー様同士で会話が盛り上がってらっしゃいました!

ビンゴ大会も開催し、最新家電製品などの景品を前に大変白熱した雰囲気でした★

次回のご来場をお待ちしております!
株式会社ドリーム・アーツ