店舗の人員配置を最適化し、業務効率を上げる方法

こんにちは。Shopらんチームの上野谷です。今回は、店舗における「人員配置の最適化」について調べてみました。
店舗ビジネスでは、数多くのスタッフの最適配置により、店舗の生産性を高める必要性に迫られています。しかし、人員配置を最適化する方法や手順について適切に理解している担当者は少ないのが現状ですよね。そこで本記事では、店舗の人員配置について、また人員配置を最適化するメリットや実際の最適化手順について詳しく説明していきます。

人員配置とその目的とは

人員配置とは、スタッフのスキルや適正を考慮し、それぞれが持つ能力を最大限発揮できるよう、適材適所に配置することを指します。人員配置の目的は、人事を最適化することで業務効率の最大化を図ることです。人員配置の最適化は、企業や店舗全体の動きを左右する重要な戦略です。管理職やリーダーには、多様な人材のポテンシャルを見極め、個々のポジションに最適な人材を発掘・配置する、高いマネジメント能力が求められます。

人材配置の最適化で得られるメリット

人員配置の最適化によって、生産性の向上や人件費の削減、スタッフのモチベーション向上など、さまざまなメリットが得られます。ここでは最適な人員配置を行うことで、どのようなメリットを得られるのか詳しく見ていきましょう。

生産性が向上し、人件費が削減される

人にはそれぞれ得手・不得手があり、得意な業務と不得意な業務に従事するのでは生産性に大きな違いが生じます。各部門の業務に最も適した人材を配置することで、より効率的に業務を進めていけるでしょう。また、人員配置が適切であれば、必要最小限の人員で業務を回せるようになるため、余分な人件費を削減できます。人員配置の最適化は、労働生産性の最大化と人件費の削減に繋がる、重要なマネジメントといえるでしょう。

スタッフのモチベーション向上

自分に適した業務を与えられることで仕事の負荷が軽減され、モチベーションの向上が期待できます。業務上のストレスも減ることで精神的余裕が生まれ、良好な人間関係の構築にも繋げることができるかもしれません。店舗内の人間関係は業務に多大な影響を与える要素ですので、スタッフの能力だけでなく人間関係にも配慮する必要があるでしょう。

優秀な人材の社外流出の防止

優秀な人材は向上心が高く、自己成長のために努力を惜しみません。もしも、いま与えられているポジションに不満があれば、自分の能力を活かせる職場を求めて離職してしまう可能性があります。能力の高い人材であればあるほど、競合他社から引く手あまたであり、よりその傾向が強いでしょう。反面、自分の仕事にやりがいや誇りを感じ、自身の成長に繋がると認識すれば、人一倍業務に打ち込んでくれるはずです。優秀な人材の社外流出を防ぐためにも、適切な人員配置は必要不可欠といえます。

人材配置の最適化の手順

ここまで適切な人員配置を行う目的やメリットについて見てきました。では、人員配置の最適化とは、一体どのようにして実践すべきなのでしょうか。ここからは具体的な方法や最適化の手順について解説します。

目標の明確化

まず現状の人員状況や店舗の売上といったデータを確認することから始めましょう。スタッフのスキルや経験を考慮して、人員状況、それぞれの業務量は適当であるかバランスを確認します。その上で売上や受注件数などの明確な目標を設定していきます。目標を達成するために必要な人員の動きをシミュレートし、人員配置の最適化によって、どれだけ目標達成に貢献できるのかを予め試算しておくことが大切です。
目標を立てる際は1ヶ月・3ヶ月・半年・1年といったように期間を区切り、その都度、目標達成度合いを管理・確認しましょう。

人事評価による適正判断

人員配置は一度設定して終わりではありません。配置後に目標達成度を算出して人事評価を行い、総合的に適正判断する必要があります。そうしてPDCAサイクルを繰り返し行うことでノウハウが蓄積されていき、より精度の高い人事マネジメントを行えるようになるでしょう。

人員配置の最適化実施前後の効果測定の実施

人員配置を実施した後には、企業が掲げる事業目標に対する貢献度を可視化しなければなりません。人員配置の最適化は本来の目的ではありません。それはあくまでも手段であり、本来の目的は事業目標を達成して企業価値を高めることにあります。人員配置を行うことで、どれだけ事業活動に貢献できたのか、異動後の効果測定を必ず行いましょう。

その際に管理職やリーダーはもちろん、異動対象者に対してヒアリングを行うことも重要です。とくにトップダウン方式で配置転換や人事異動を余儀なくされたスタッフは、必ずしも満足しているとは限らず、不満を抱いている可能性もあります。そうしたスタッフへのアフターケアや、今後の人事マネジメント効率化のためにも丁寧なヒアリングを実施することは必須といえるでしょう。

まとめ

人員配置の最適化は、スタッフのモチベーションを高め、労働生産性の最大化に繋がる重要なマネジメントです。企業の存在理由は事業活動を通じて社会的価値を提供し、世の中に貢献することです。そのために優秀な人材の確保は必須事項であり、適切な人事マネジメント能力が求められます。ぜひ今回の記事を参考にして人材配置の最適化を図ってください。

お気軽にご相談ください

製品デモやユーザー事例などの詳しいご紹介など、ご対応可能です

資料ダウンロードお申し込み

フォーム送信後、すぐにダウンロードURLをメールでお送りします

「Shopらん」ご紹介資料のダウンロードURLをお送りします

株式会社ドリーム・アーツは、お客さまからご提供いただく個人情報の保護のため、個人情報保護方針を定めています。本サイト上でご提供いただいた個人情報は、個人情報保護方針の規定に基づき取り扱います。
個人情報取扱い同意書
「Shopらん®︎」は、10店舗以上の多店舗経営の企業・団体さまにおけるご利用を想定したサービスです。お申し込みいただいた情報によりましては、ご質問への回答・資料提供を見送らせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。