ドミナント出店戦略とは?概要やメリットを解説

こんにちは。Shopらんチームの上野谷です。今回は、「ドミナント出店戦略」について調べてみました。
フランチャイズで小売店を運営する際には、出店戦略が極めて重要です。さまざまな出店戦略があるなかでも、ドミナント出店戦略を取ることで、地域に根ざしたブランディングを展開することができます。本記事では、ドミナント出店戦略の概要やメリット、デメリットについて詳しく説明します。

ドミナント出店戦略とは

「ドミナント出店戦略」とは、一定の地域に集中させてチェーン店舗を出店することを指します。ドミナントとは英語で「支配」という意味を持つ言葉があり、その地域で大きなシェアを取りにいく戦略と言えます。
地域を絞ってたくさんの店舗を出店するにはそれなりの投資が必要で、ドミナント戦略を成功させるためにはターゲットとなる地域について事前の調査が鍵を握ります。例えば、人口が少ない地域に集中して出店しても思うような成果は得られないでしょう。精度の高い「エリアに特化したマーケティング」を展開し、出店する地域の商圏について人口や文化、地理的な特徴、そして競合他社の状況などを調査したうえでドミナント出店戦略を採用するかどうかの意思決定を行います。

ドミナント戦略を採用する企業

ドミナント戦略を採用する企業の典型的な例としてはフランチャイズのコンビニや飲食店が挙げられます。ドミナント戦略を採用したコンビニの代表的な例といえば、「セブンイレブン」でしょう。「ひとつの駅の近くに、いくつものセブンイレブン店舗がある」という光景を目にしている方も多いのではないでしょうか。
コンビニ以外でもドトールコーヒーや、フランチャイズとは異なりますがスターバックスなどもドミナント出店戦略を採用しています。

ドミナント出店戦略のメリット

コンビニや飲食店などでチェーン展開する企業はなぜドミナント出店戦略を採用するのでしょうか。そのメリットを解説します。

地域に根付きやすい

ドミナント出店は特定の店舗が特定のエリアへ集中的に出店するため、その地域の方に「○○と言えばここ」というイメージを与えやすくなります。
つまり、ブランディングが図りやすいということです。チェーン展開はある程度規模や知名度のある企業が取り組む印象もあるかもしれませんが、知名度が低い店舗でもドミナント出店戦略により特定の商圏を取り込むことができます。コンビニや飲食店など、その機能性や価格だけでは差別化が難しいなかで、ドミナント出店戦略によりその地域でブランディングを形成することは効果的と言えます。

配送効率が高い

ドミナント出店戦略は、集客や売上だけではなくコスト面での効率を高めることが可能です。一定のエリアに出店が集まるため、特に配送費用を節約できます。配送では、量が多いほど単価は下がるため、同じエリアに店舗を増やすことで、配送単価を下げられるのです。
また、店舗ビジネスでは在庫管理が利益の大小に大きく影響しますが、近くに別店舗が多くあることを利用して店舗間で在庫を融通可能です。これにより、在庫管理の過不足をできるだけ削減することへつながります。

ブランディング・宣伝効果が高い

ひとつの地域に集中して出店するため、その地域における知名度が高くなります。多額の予算をかけることなく一定の認知を獲得でき、そのうえでさまざまなプロモーション施策を組み合わせることでブランディングや宣伝効果を高められます。全国に均等に広げるのではなく、一定の地域に予算を集中できるのでテレビCMやチラシなどを効果的に活用可能でしょう。
また、店舗の外観など、顧客の目につく場所を印象的にするなどの施策も効果的です。このようにドミナント出店によって、広告に頼らない手法も模索できます。

ドミナント出店戦略のデメリット

ドミナント出店戦略のデメリットも確認しておきましょう。

近隣店舗での顧客の共喰い

同じエリアに多くの店舗が出店するため、そのエリアの顧客を奪い合う状態に陥るリスクが高くなります。特に、店舗ごとに独立採算を取ってしまうことにより、店舗単位での利益を最大化することに業務ベクトルが向いてしまう恐れがあります。
つまり、あまりに近い距離に複数の店舗があると、企業全体としては不健全な状態となり、損失へとつながってしまうかもしれないのです。

地域の特性変化による売上への影響

特定の地域への出店が集中すれば、その地域で災害やトラブルが発生した際のリスクが大きくなります。もう少し日常的なところでいえば、道路工事など地域特有の状況などで同じエリアの店舗が同時に影響を受けることもあるでしょう。この点についても、出店する店舗間に一定以上の距離を空けるなどの配慮が求められます。

まとめ

ドミナント出店戦略は、特定の地域に出店を集中させることでそのエリアで大きなシェアを獲得していくための戦略です。特にフランチャイズで店舗展開する企業にとっては重要な戦略でしょう。
ドミナント出店戦略を採用することで、その地域における宣伝効果を高める、配送や在庫管理を効率化できるなどの効果が期待されます。一方で、カニバリゼーションや災害時のリスクといったデメリットもあるので、店舗間の距離なども配慮しながら展開することが大切です。

お気軽にご相談ください

製品デモやユーザー事例などの詳しいご紹介など、ご対応可能です