データマネジメントの重要性と店舗で生かすためのポイント

こんにちは。Shopらんチームの上野谷です。「おむつとビールが一緒に買われることが多い」とは有名なデータ分析の一例です。
データがなければおむつとビールをセットで用意をしておく戦略など、だれも思いつかないでしょう。デジタルの活用が広がった現代において重要な指標はデータです。本記事ではデータをビジネスに生かすデータマネジメントについて解説します。

データマネジメントとは

「データマネジメント」とは、データに関する品質管理や信頼性を担保することなど、データを活用するうえで総合的にデータを管理することを指します。データの収集や分析、活用だけではなく、データを正しく蓄積するための仕組みづくりやデータ構造の可視化などもデータマネジメントの一環です。
デジタルの活用が進んでいる現代において、データは会社の財産であり、会社の経営企画や戦略を構築する際の裏付け情報となります。経営資源としてよく「ヒト」「モノ」「カネ」が挙げられますが、データもそれらに匹敵する資産といっても過言ではありません。つまり、企業におけるデータマネジメントの重要性は非常に高いと言えます。

データマネジメントで生かせる3つのポイント

デジタル技術の発達によって、あまりコストをかけなくても大量のデータが集まるようになりました。一方で、大量であるがゆえにそれらの中から本当に必要な情報を取り出したり、取り出したデータを生かしたりすることは難しくなっています。ここからはデータマネジメントを行うにあたって押さえておきたい3つのポイントを解説します。

データ収集で解決したい目的を可視化できる

データをやみくもに集めても、効果的に活用することは難しいでしょう。データを収集する前に、データの取得とその分析を通して解決したい目的を整理しておくことが大切です。取得したデータをどのように活用するかを明確にイメージしておくことで、より精度の高いデータ取得・分析につながります。データの収集を通じて企業が解決するべき課題を明確にしたり、仮説構築に役立てたりすることができます。

データを使って戦略立案ができる

データを活用する目的を明確にしたうえでデータを収集できても、それを目的に沿って活用し戦略立案につなげられなければ、あまり意味がありません。企業として、解決したい課題に基づいて取得したデータを分析し、次のアクションにつなげられるようにしましょう。戦略立案など、データを生かした先のアクションを意識することでデータの収集や分析の精度が高まります。

データを効率的に組織で活用する

データを有効活用するためには、組織・体制を整備することがポイントです。データ活用において多いのは、エンジニアやシステム部門が中心となることです。しかし、特定のメンバーや部署に集中させるのではなく、マーケティングや営業などのメンバーへも割り振ることが重要です。
特定のメンバーや部署に負担が集中すれば、データを有効に活用できないだけでなく、担当者が疲弊してしまう恐れもあるからです。組織全体で活かせるように、ガイドラインやマニュアル化などの仕組みづくりも行いましょう。また、データマネジメントの責任の所在を明確にしておくことも、組織としてデータを活用するうえで大切です。

データマネジメントの際の注意点

最後に、データマネジメントにおける注意点を解説します。データに踊らされるのではなく、あくまでビジネスで成果を高めるためのデータマネジメントである点を念頭に置きましょう。

目的を意識したデータ取得が重要

冒頭でも触れた通り、マーケティングや製造、営業などさまざまな業務でデジタル活用が進み、自然と大量のデータが集まるようになっています。それに伴い、データと向き合う重要性も増しています。一方で、無目的にデータを利用してもビジネスの成果につながる確率は低いでしょう。それどころか、努力してデータを分析してもその苦労が徒労に終わり、業務が増えるだけになってしまいます。
データマネジメントで重要なのは、データを活用する目的を明確にし、その目的に沿って価値のあるデータを活用することです。チームなどでデータ分析を通して成し遂げたいことを定義し、それに沿ったデータの収集や分析につなげましょう。

リアルタイムなデータを利用する

情報通信技術の発達・普及によって、ビジネスにおける変化も速くなっています。従って、活用するデータに関しても古いデータをもとに分析を行い、戦略に反映すると失敗につながる確率が高くなります。今や、1年前の戦略が通用しないこともよくある時代です。大切なのは、顧客の行動や外部環境など、リアルタイムなデータを収集および分析し、「今」の状況に適応した戦略を構築することです。

まとめ

データマネジメントの役割は、企業の課題解決を目的としてデータを取得・分析・活用していくことです。そのためには、ツールやシステムの利用が効果的です。データ活用に関するツールはさまざまありますが、多店舗の現場で情報収集する際には「Shopらん」がおすすめです。店舗ビジネスでの活用に特化しており、業務効率化へ貢献します。店舗のデータ活用で悩んでいる方や興味のある方はチェックしてみてください。

お気軽にご相談ください

製品デモやユーザー事例などの詳しいご紹介など、ご対応可能です

資料ダウンロードお申し込み

フォーム送信後、すぐにダウンロードURLをメールでお送りします

「Shopらん」ご紹介資料のダウンロードURLをお送りします

株式会社ドリーム・アーツは、お客さまからご提供いただく個人情報の保護のため、個人情報保護方針を定めています。本サイト上でご提供いただいた個人情報は、個人情報保護方針の規定に基づき取り扱います。
個人情報取扱い同意書
「Shopらん®︎」は、10店舗以上の多店舗経営の企業・団体さまにおけるご利用を想定したサービスです。お申し込みいただいた情報によりましては、ご質問への回答・資料提供を見送らせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。