店舗責任者に求められるプレイング マネージャーの役割と能力とは

こんにちは。Shopらんチームの上野谷です。今回は、「プレイング マネージャー」について調べてみました。
日本企業や海外企業でも、一般的な役職として定着しつつあるプレイングマネージャー。求められているのは、マネージメント能力だけではありません。現場でプレイヤーとして成果を挙げつつもチームを束ねる管理職です。プレイングマネージャーの適性や役割・求められるスキルについて解説します!

プレイングマネージャーと管理職の違いについて

一般的な管理職がチーム全体目標に注力するのに加え、プレイングマネージャーは個人の目標を持ちながらチーム全体をマネジメントするリーダー職です。
優秀なメンバーとしてチームを牽引しつつ現場で各メンバーの状況を理解し、チーム全体をスキルアップさせながら目標達成に向かいます。自分の実務をこなしながらも、周りをよく見てマネジメントを行う必要があるでしょう。

プレイングマネージャーが増えた理由

企業が効率化を求めるようになり、人件費削減のために利益に直結しない管理職を減らし、現場スタッフにマネジメント業務を任せるようにした結果、実務とマネジメントの両方を担うプレイングマネージャーの存在が増えました。
プレイングマネージャーは、管理職が見落としがちな現場の状況を細部に渡って把握できます。また、メンバーの立場に寄り添って強固な信頼関係を築けるというメリットもあります。そして、自らも現場スタッフであるため、部下の育成も効果的に行うことが可能です。
このような理由からプレイングマネージャーは、プレイヤーとマネージャー両面の役割を担う貴重な存在として、店舗運営において欠かせない役職になりました。

プレイングマネージャーの役割

プレイングマネージャーの役割として、まずチームの一員として自分に与えられた目標を達成することが求められます。さらに、協力して業務を行うことができる強いチームを作り上げるため、チームを牽引しなくてはなりません。メンバーの得手・不得手を把握し、指導育成しながらチーム全体の能力を底上げし、目標達成に向かいます。
自らもチームの一員となることによって、メンバーとコミュニケーションを密にし、チームの結束を固めながら強いチームを構築する必要があります。

プレイングマネージャーに必要なこと

管理職として部下を率いながら自らも現場の業務をこなすプレイングマネージャー。このような難しい立場において、どのようなことに注意しながらその責務を果たしていけばよいのでしょうか。
ここでは部下との関係について、考えていきます。

コミュニケーションを大切にできる

部下から仕事の悩みや相談を受けた際は、まずはいったん部下の話にきちんと耳を傾け、受け取りましょう。無理に自分の考えを押し付けてはいけません。部下の考えや主張も大切にしつつ、コミュニケーションをとることが大切です。部下自身の自主性やオリジナリティを阻害しないように見守りつつ、いざというときには部下の立場に立って親身にアドバイスできるようにしましょう。
また、部下の手本となるように意識して行動することも大事です。部下はいつでも身近な存在である自分の姿を見て行動していることを忘れないようにしましょう。

自発的な成長意欲を持つ

プレイングマネージャーは、会社からも部下からも信頼を得るため、高いプレイングスキルを持つことが求められます。プレイヤーのロールモデルとして、ときにはチームメンバーに対して助言・提言を行いながら全体の力を底上げしていかなければなりません。
チームとしての成果を上げるためには、マネジメント能力のスキルアップを常に行う必要があるでしょう。刻々と変わるビジネス環境にも臨機応変に対応しながら、チームを牽引する力が求められます。チーム全体の士気を高めつつ結束して成果を上げ続けるため、自分の能力に限界を決めず、管理能力・決断力・コミュニケーション力といったスキルを磨くことが大事です。自ら研修の機会を見つけて受講するのもよいでしょう。

バランス感覚を大切にする

プレイングマネージャーの仕事は、企業と現場の中間地点にあり、マネージャーとプレイヤーとして両方の役割を担っていることから、バランス感覚が重要です。ときには経営側と現場の両方から板挟みに合う辛い状況に陥ることがあるかもしれません。
そのような難しい立場にいながらも、会社の意向を汲んで業務成績の向上や目標達成を目指し、同時に部下のスキルアップも支援します。状況に応じて、自分の業務目標の達成・メンバーの育成・マネージメントのどこに重きを置くかを考え、組織の強化を図っていく必要があります。
公正に物事を見ながら広汎な視野を持ち、常にバランスをとりながら自らの役割を果たしていくことが大事です。企業・現場の両方からの意向をフィードバックし、前向きに組織の強化に努めましょう。

生産性が上がる教育スキル

プレイングマネージャーは個人とチームの両方の目標を達成するため、多岐にわたるタスクを抱えています。そのため、時間管理をしながら、部下への指導能力や育成能力を身につけなければなりません。
部下に欠けている部分を把握し、本人の能力を伸ばしていくようフォローします。この際、自分で完結せず、部下が独り立ちできるよう補佐しながら育成しなければなりません。
マネージャーが優秀なプレイヤーであるほど、自分のやり方を押し付けがちですが、1から10まで教えてしまうのは部下のためになりません。マネージャーとして、部下の意欲を引き出しながら独り立ちできるよう育成することが求められます。

まとめ

プレイングマネージャーは、現場で個人のプレイヤーとして高い能力を発揮して成果を挙げながら、チームの目標達成に向けマネージメントしていく役割を担います。
プレイングマネージャーには多くのタスクがありますが、全体を俯瞰しながら強いリーダーシップを発揮することでチーム全体の力を底上げすることが期待されます。現場と組織の意思決定を繋ぐ要のポジションであるといえるでしょう。

お気軽にご相談ください

製品デモやユーザー事例などの詳しいご紹介など、ご対応可能です

資料ダウンロードお申し込み

フォーム送信後、すぐにダウンロードURLをメールでお送りします

「Shopらん」ご紹介資料のダウンロードURLをお送りします

株式会社ドリーム・アーツは、お客さまからご提供いただく個人情報の保護のため、個人情報保護方針を定めています。本サイト上でご提供いただいた個人情報は、個人情報保護方針の規定に基づき取り扱います。
個人情報取扱い同意書
「Shopらん®︎」は、10店舗以上の多店舗経営の企業・団体さまにおけるご利用を想定したサービスです。お申し込みいただいた情報によりましては、ご質問への回答・資料提供を見送らせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。