アパレル在庫管理の課題、最適化の方法とは?

こんにちは。Shopらんチームの上野谷です。アパレル店舗の経営において最も重要なのが、商品の在庫管理であるといっても過言ではありません。
適切な在庫管理ができなければ、顧客の需要に応えられず販売の機会損失を招いてしまいます。この記事では、アパレル店舗の在庫管理における課題と、適切な在庫管理と作業の効率化の方法について詳しく解説していきます。

アパレル在庫管理の課題

アパレル業界において店舗の在庫管理は重要であるとされていますが、どのような点が難しいとされているのでしょうか。まずは、アパレル業界にまつわるいくつかの問題点について整理します。

商品を定価で販売できる期間が短い

商品の価値がトレンドで定まり、しかもシーズンごとにトレンドが大きく移り変わっていくアパレル業界では、扱う商品の「売り時」が2~3ヶ月程度と極めて短くなっています。売れ残ってトレンドが終わってしまった商品は、たちまち元の価値を失い、セールなどを開催して売り切らなければいけません。
したがって、仕入れた商品はなるべくシーズン中に可能な限り売り切るのが業界の鉄則となっているのです。このように、アパレル業界では定価で販売できる商品がシーズンごとに変わってしまうのです。

アパレル商品の需要予測の難度が高まっている

多くのカテゴリーの商品を取り扱うアパレル業界では、業界内での統一した需要を予測することが難しくなっています。顧客の趣向が多様化していることも、予測の難しさの一因になっています。
さらに近年ではソーシャルメディアにおけるインフルエンサーの投稿によって、業界の意図しないタイミングで特定の商品の需要が増すこともあり、需要の予測がますます難しくなっています。その地域のカルチャーを把握しており、店舗の売れ筋を読める店長や販売員がいることである程度の対応は可能かもしれませんが、そうした店員は簡単には育成できないという問題もあります。

アナログな検品によりミスが多い

従業員によって目視で検品作業が行われることが多いアパレル業界では、在庫の商品の検品の際にどうしてもミスが生じてしまいます。商品をICタグで管理する「RFID」など、システムの導入が業界内でも進められていますが、まだまだ業界全体では普及が進んでいないのが現状です。
手作業による小さなミスの積み重ねが徐々に大きな誤差を生み、商品の在庫管理を難しくしています。店舗内で大量の商品を扱うことも、手作業による検品ミスを発生しやすくする要因となっています。

アパレル在庫管理を最適化する方法

在庫管理を難しくしている障害を乗り越え、店舗の在庫管理を適正に行うためには、どのような対策を進めていけば良いのでしょうか。

定期的な棚卸

店舗の商品の在庫管理を潤滑に進めるために行っておきたいのが、商品の定期的な棚卸です。事前に棚卸を行う周期を従業員と打ち合わせておき、決められた時期に店舗の商品の棚卸を行いましょう。棚卸を行うことで、店舗に存在する商品の実際の在庫数を把握でき、帳簿上のズレと紛失・盗難による損失を確認することができます。
また、棚卸を行うことで商品の在庫数を把握できるだけではなく、盗難等による被害額の確認や、不良在庫と売れ筋の商品を確認できるといった、店舗の経営戦略を立てる上で役立てられる情報を集められるというメリットもあるのです。

在庫の可視化

棚卸の結果把握した商品の在庫数は、「見える化」(可視化)によってひと目で把握できるようにしておくことで、在庫管理の効率性を高めることが重要です。「見える化」によって「どの商品がどこに、いくつ保管されているか」といった情報をリアルタイムでモニターできるようになれば、適正な在庫数を管理できるようになるだけでなく、急な需要の拡大に対して追加で商品を発注するといった対応が可能になります。

手動による在庫管理が難しい場合は、コンピュータを利用したシステム化を検討してみてください。アパレル業界では様々な在庫管理システムが導入されており、自社のニーズに合ったシステムを選択して導入することができます。
これまでの目視による検品は、従業員の勘と経験に頼ったところが大きい面がありました。誰でも簡単に扱えるコンピュータによる在庫管理を活用し、業務を効率化することで、ミスを減らし時間を短縮することができるでしょう。

在庫管理方法のナレッジ共有

店舗の在庫管理の方法が、店長や一部の従業員だけで共有されている状態は適切ではありません。店舗に導入した在庫管理の方法については、必ず全てのスタッフ間で知識を共有するようにしましょう。せっかくシステムを導入したのにも関わらず、それぞれのスタッフが独自に在庫を管理したままでは非効率なだけでなく、システムを導入したコストが無駄になってしまいます。

店舗の従業員全員が各商品の置き場所や在庫数を把握できていれば、来店した客に在庫がないか尋ねられたり、急な発注があったりしてもしっかりと対応することができます。もし在庫管理が出来るのが一部の従業員のみに限られ、そのスタッフが不在であった場合は、対応ができずに売上の機会損失を招いてしまうかもしれません。

まとめ

せっかく仕入れた良い商品も、適切な在庫管理を怠ってトレンドを逃してはその価値が損なわれてしまいます。アパレル業界において在庫管理の良し悪しは、そのまま経営の良し悪しに繋がると言っても過言ではありません。いち早く効率的かつ適切なシステムを導入することで、顧客の需要に応えやすい環境を整えることができるでしょう。

お気軽にご相談ください

製品デモやユーザー事例などの詳しいご紹介など、ご対応可能です

資料ダウンロードお申し込み

フォーム送信後、すぐにダウンロードURLをメールでお送りします

「Shopらん」ご紹介資料のダウンロードURLをお送りします

株式会社ドリーム・アーツは、お客さまからご提供いただく個人情報の保護のため、個人情報保護方針を定めています。本サイト上でご提供いただいた個人情報は、個人情報保護方針の規定に基づき取り扱います。
個人情報取扱い同意書
「Shopらん®︎」は、10店舗以上の多店舗経営の企業・団体さまにおけるご利用を想定したサービスです。お申し込みいただいた情報によりましては、ご質問への回答・資料提供を見送らせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。