「40、250…何の数字?」
Shopらんセミナーダイジェスト

2ヶ月程前になりますが、ShopらんはリテールテックJAPAN2017に出展しました。 当日はセミナーを行い、多くのお客様に聞いていただきました!今回はそのセミナーの一部をお届けします。

40、250…何の数字?

40、250…何の数字?

さて、一番最初のスライドがこちらです。 「40、250」とありますが、何の数字かわかりますか??

Shopらんを使う前のあるチェーンストアのお客様の作業実施率と本部から店舗に一週間の間に送られていたメールの総数

実はこれ、Shopらんを使う前のあるチェーンストアのお客様の作業実施率と本部から店舗に一週間の間に送られていたメールの総数です。 250通のメールは、実はその多くが添付漏れや記載漏れをフォローするための度重なる再送によるものだったりします。

お店が増えるとこんなことありませんか?

こうした状況は店舗が増えてチェーンストアが発展していく中で度々発生しています。 皆さんのお店でも下記のようなこと、起きていませんか? こんな状況では、作業実施率が低下したりメールを何通も送ったりしてしまうのも頷けます。

本部・お店が増えるとこんなことありませんか?
店舗・お店が増えるとこんなことありませんか?

本部と店舗がこのような状況では、接客に集中できませんし、お客様に喜ばれるような「魅力的なお店づくり」は実現できませんよね。

そこで「Shopらん」!!

Shopらんは本部、店舗におけるこれらの課題を解決し、お客さまに喜ばれる「魅力的なお店づくり」を支援します! Shopらんは本部と店舗専用のコミュニケーションツールです。本部が発信する情報を自動的に整理して店舗に届けます。 以下の画面は店舗のメイン画面です。

店舗:今日本当に必要な情報だけ表示される 今日見ること 今日やる作業 今日回答すること

このように、「今日見ること」「今日やる作業」「今日回答すること」という3つのブロックで構成されています。 今日のタスクがすぐに分かるので、店舗側で本部からのタスクを自分で整理したり管理したりする必要はありません。 これによりお店は接客や売場づくり等、本来の業務に集中できるようになります。

店舗では「今日」に特化した画面でしたが、本部側では数週間先を見通せるような画面構成になっています。

他部門から店舗へ連絡した内容やその数、想定している作業工数を確認することができます。
店舗の負荷状況がひと目でわかるので店舗に過度な負担をかけないよう適切なタイミングで作業指示ができるようになります。

店舗/本部:「商売カレンダー」で全体が見える 他部門の連絡も見える 先を見据えて計画的に動く 店舗の負荷状況がわかる シフト計画の参考に

また、店舗でもこの画面を見ることができるので、明日以降のタスクも確認することができます。

シフト作成などをする際に先々の本部指示を確認した上で準備できるようになります。

セミナーの続きは・・・?

セミナーはこの後ももう少し続きます。
本部から店舗の状況が「まる見え」になる仕掛けや、写真報告が楽になる仕組みなど…
続きが気になる方、魅力的なお店づくりのためにShopらんができることをもっと知りたい方は是非お問い合わせください!

3分でわかる!『Shopらん』資料請求フォーム

下記フォームに必要事項を記入して送信してください。