【開催レポ】「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019

2019年10月8日に「Shopらん/店舗matic」のユーザー会を開催いたしました!
26社37名のお客さまにご参加いただき、大変にぎやかな会となりました。

今回のユーザー会では、初の試みとして「ワークショップ」を実施!
7つのグループに分かれて、2つのテーマについて各テーブルでディスカッションをしました。ユーザー会が始まる前から各テーブルでは自然と自己紹介がはじまり、とてもにぎやかな雰囲気でスタートしました。

「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019集合写真

ワークショップのテーマは、ユーザー会お申し込み時のアンケートをもとに考えました。
そのアンケートの結果がこちら↓

「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019アンケート

「Shopらん/店舗matic」の活用については、「運用ルールの決め方、形骸化の防ぎ方」がダントツでしたが、お知らせの量や回答率/作業率UPに関しても深く関わる内容です。そこで、これらを総称して、「お知らせのコントロール」というテーマで1つ目のワークショップをおこないました。

2つ目のワークショップは「Shopらん/店舗matic」に限定せず、店舗運営に関するお悩みについて。ここではアンケート結果をもとに「店舗の声を活かす工夫」をテーマとしました。

ワークショップ1:お知らせのコントロール

ワークショップの前に、代表的な事例として、全国で200店舗以上を展開される専門店さまより取り組みを発表!
本部からの情報量が多い、という課題に対する「Shopらん/店舗matic」による改善方法のほか、今後のどのように活用を深めていくかについても共有していただきました。

その後お客さまの事例発表を話のベースとして、ディスカッションをスタート。
ディスカッションでどのようなことを話したのかも発表してもらいましたよ☺

「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019ワークショップ
「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019ワークショップ

    お客さまのコメント

  • 好き勝手にお知らせを出していたが、「お知らせの承認」機能を利用することで、情報量が多いという悩みが改善された
  • お知らせを発信する日を決めているので、見る側(店舗)の負担が減った
  • 1つのお知らせで完結するように発信することで、閲覧率・実行率が上がった
  • 本当に読んでもらいたい情報に絞るため、本文に文字数制限を設けている
  • お知らせのタイトルは商売カレンダーで見やすいように、15文字以内にする文字数制限を設けている
  • タイトルの付け方を統一することで検索性が向上した
  • アルバイトでも理解できるような粒度で、お知らせを発信している。それが店舗全体の実行力につながっている
  • 業務を減らせない以上、店舗への情報量を減らすのは難しい。そのため、お知らせの質を上げるように意識している
  • 店舗の実行力を上げるにはお知らせを出す発信者側のスキルアップも重要!なにに気をつけなければならないのかチェックポイントを明確にしている

ワークショップ2:店舗の声を活かす工夫

2つ目の事例紹介では、ドリーム・アーツとネクスウェイのスタッフが代理で登壇。店舗の声を活かす工夫をされている代表的な事例としてユーザーさま2社における取り組みを発表しました。

1社目
コンテスト形式で店舗から投稿を集め、エリアマネージャーからコメントをつけるなどしてかなり盛りあがっているそうです♪
2社目
店舗の投稿やコメントなどのアクションにポイントが付与される「アクションポイント」機能を活用して、店舗独自の良い取り組みを吸い上げることに成功しているそうです。 そこで共有された、成果の出ている取り組みは、現在では全店的な施策として横展開されているものもあるとのこと!

2社のお客さま事例を聞いてから、再び各テーブルでディスカッションをスタート。「店舗の声」をどう集めているのか、どう取り扱っているのか?各社さまざまな意見が出ていたようです。

「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019ワークショップ
「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019ワークショップ

    お客さまのコメント

  • 「業務アプリ」機能で売場自慢コンテストを実施している。月1回集計しているが、投稿する店舗が偏ってしまうという課題も
  • 店舗から声を吸い上げたうえで、そこからどう活用するかが重要!
  • ちょっとした工夫やチャレンジを各店舗から集めて、良いものは全店に横展開している
  • 店舗から声を集めたくとも、同じやり方を続けていると、投稿が減ってくる。飽きないようにやり方のリフレッシュも必要
  • 月に数百件程度あがってくる店舗からの要望は「業務アプリ」機能で集計している。確認したうえで網羅的なメッセージを返すようにしている
  • 接客方法で、うまくいったことをお店から発信してもらっている
  • お店からの情報発信にはちゃんと本部がリアクションするのも大切。声を聞いてくれている安心感を持ってもらえる
  • 店舗独自の取り組みも大事だがチェーンストアは“標準化”も大事。バランスが重要

ドリーム・アーツ講演

「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019 新UI
「Shopらん/店舗matic」新UI

ワークショップのあとは、ドリーム・アーツが登壇。
「Shopらん/店舗matic」の新しいUIや、ビジネスチャットなどの外部システムとの連携機能など、最新の情報をお届けしました。アンケートでも、最新機能への期待が多く寄せられました!

日本マイクロソフト様講演

本会の最後は、今回のユーザー会開催にご協力いただいた日本マイクロソフト様より、小売・流通業向けの最新ソリューション事例として、「ホロレンズ(HoloLens)」をご紹介いただきました。ホロレンズは懇親会での体験会も実施!大好評でした✨

「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019 ホロレンズ体験
「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019 ホロレンズ体験

大盛りあがりの懇親会!

「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019懇親会
「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019懇親会
「Shopらん/店舗matic」ユーザー会2019懇親会

本会のあとは、懇親会を実施しました。

お客さま同士の交流はもちろんですが、ホロレンズコーナーや来場記念のプレゼント抽選会も大盛況でした!
当日参加いただいたお客さまからは、「参考になった!」などさまざまな声をいただいています。

    参加者アンケート

  • 他社さまの運用状況を知ることができ、自社の運用に活かせると思いました
  • 本部側への教育について考えるきっかけになりました
  • まだ導入したばかりなので、多店舗運用にあたっての悩みなど参考になった
  • 他社さま、特に異業種の方々とも「Shopらん/店舗matic」活用の情報交換ができて大変参考になりました
  • 店舗スタッフのモチベーション維持、エンゲージメント向上は自社でも重要なテーマなので他社の取り組みはとても参考になりました

ドリーム・アーツでは、お客さま同士の交流を大切にしたユーザー会のほか、ハンズオントレーニングなどの定期的なセミナーを通して「Shopらん/店舗matic」の活用や店舗運営改善をサポートしています。導入済みのお客さまも、これから導入を検討したいお客さまもぜひお気軽にご参加ください!

▼「Shopらん」活用相談カフェ
https://shoprun.jp/category/event-info/consultation/

▼「Shopらん」ハンズオントレーニング
https://shoprun.jp/category/event-info/hands-on/

3分でわかる!『Shopらん』資料請求フォーム

下記フォームに必要事項を記入して送信してください。