スタッフをやる気にさせる育成とは?

Shopらんチーム 小坂

こんにちは、Shopらんチームの小坂です。

私は前職のアパレル企業に新卒で入社し、4年間ほど店長や本部での仕事を経験してきました。
今シリーズは、そんな私がより良い店舗運営を実現していくためにできることを考えていくコラムです。
ご興味があればこちらもご覧ください。

前回は「スタッフ主体での店舗運営」をテーマにコラムをお届けしました。
店舗運営をスタッフ主体で行うには、「スタッフ自身がモチベーションを高く持ち仕事に取り組むこと」が大切ですよね。

そのためには、ただスタッフに指示をするだけでなく、スタッフがやる気になるように工夫をして育成に取り組むことが大切です。
本日はスタッフのモチベーションも上げることができ、効率的に育成ができる取り組みについて、
私が店長時代に実際に取り組んでスタッフ育成に効果があったと感じたこともあわせてご紹介します。


商品販売コンクール

店舗におけるスタッフ育成は業務習得を実施し、お客様満足や売上アップにつなげることが目的です。
そのため、実際の業務を行っていく中で、「自分が取り組んだ仕事が実際にどんな結果につながっているのか」や「お客さんのためになっているのか」を実感することで本人のモチベーションにつながります。
そのためにおすすめの取り組みが商品販売コンクールです。
これは店舗内にて各商品の担当者を決めて売上を競うというものです。

たとえば、アパレル店ではボトムス販売コンクールと題して、以下のようなことを実施できます。

店舗内でチームごとに対象商品を決める。この際スキルの低いスタッフにはスキルの高いスタッフが近くで指導できるように工夫してチーム分けを実施します。

    【例】
  • Aチーム  スキニージーンズの販売促進
  • Bチーム  ボーイフレンドジーンズの販売促進

  • 期間内で、より売上を伸ばすことができたチームの勝ちになります。

イベントとして盛り上げていくためにも店舗内に実績の数値を毎日更新して見えるように掲示するなどして進捗を追いましょう。
販売促進を実施する中で、スタッフはさまざまな業務を習得することができます。
スタッフは売上の数値を見る習慣が身につき、売上について考えるようになります。すると、売上を上げるためにはどうすればいいのか考えて、アイデアが出てくるようになります。
たとえば、「もっと商品を目立つように陳列してみよう」、「VMDで人気商品をアピールしてみよう」などです。
このようなアイデアを店頭で実施してみて、結果を確認して実際に商品が売れたのか売れてないのかで次のアクションを考えていくといったサイクルで業務を習得していきます。

このように販売コンクールという取り組みの中で販売計画のPDCAサイクルをスタッフ自身が回せることができるようになります。
「販売計画をまわす」というと難しそうですが、今回のように1商品だけでやってみることから始めてみるとアルバイトスタッフなどでも実施可能かと思います。
実際に自分の仕事が売上としてかえってくるとスタッフは仕事を楽しいと感じたり、やりがいを感じていくと思います。

店舗としては育成も売上対策も同時に取り組むことができ、一石二鳥ではないでしょうか。
私がいた店舗ではスタッフがゲーム感覚で楽しめるように、上位チームにはお菓子の景品をプレゼントするなどのちょっとしたご褒美も用意しておくことですごく盛り上がりました!


売場コンクール

多店舗運営で働くスタッフは他店との関わりなどはあまりありませんよね。そのため、自分のいる店舗の中だけでの仕事になってしまいがちです。
そうなるとどういったことが起きるかというと、店舗スタッフのスキルレベルやモチベーションの低下が起きます。
そんな際に有効なのが、売場コンクールなどの全社企画です。
売場コンクールとは各店が決められた箇所(たとえば店舗においてゴールデンゾーンと呼ばれるような主要商品展開場所)を売上につながるような魅力的な売場として作成し、その写真を全社に共有してよい売場の順位を競うというものです。
目的としては全社で競い合うことで全社の売場作成レベルの向上があります。
また、スタッフの育成にも効果があります。効果としては以下のようなものがあります。

  • 他店と競い合うことでスキルアップにつながる
  • 他店の状況も見えることで学びの機会が増える
  • 投稿にリアクションするなど参加型であることからモチベーションのアップにつながる

Shopらんには、この売場コンクールを簡単に実施できる「売場ノート」という機能があります。


おわりに

多店舗運営においてスタッフの育成は重要課題だと思います。
少しの工夫や取り組みを実行したことで10人のスタッフの行動が変われば店舗にとって大きな効果を与えることになります。なかなか時間が無い、コストがかけられない時だからこそ簡単にできる取り組みから始めてみませんか。

ここまでいくつかの育成に関するコラムをご紹介してきましたが、育成のシリーズは今回が最終回となります。
次回はまた新しいシリーズの店舗運営コラムをお届けいたします!お楽しみに!

お気軽にご相談ください

製品デモやユーザー事例などの詳しいご紹介など、ご対応可能です

資料ダウンロードお申し込み

フォーム送信後、すぐにダウンロードURLをメールでお送りします

「Shopらん」ご紹介資料のダウンロードURLをお送りします

株式会社ドリーム・アーツは、お客さまからご提供いただく個人情報の保護のため、個人情報保護方針を定めています。本サイト上でご提供いただいた個人情報は、個人情報保護方針の規定に基づき取り扱います。
個人情報取扱い同意書
「Shopらん®︎」は、10店舗以上の多店舗経営の企業・団体さまにおけるご利用を想定したサービスです。お申し込みいただいた情報によりましては、ご質問への回答・資料提供を見送らせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。