リアル店舗のニューノーマルを考える~店舗業務と販促支援の効率化~
– イベント開催レポート –

こんにちは!Shopらんチームの上野谷です。
先日、株式会社ロコガイド様、株式会社SPinno様との共催で、『リアル店舗のニューノーマルを考える~店舗業務と販促支援の効率化~』セミナーを開催しました。
多店舗を運営する企業様にとって、このコロナ禍は未曽有の事態です。そんななか、リアル店舗は、多くの消費者の日常生活に欠かせない購買の場であり、また、企業にとっても売上を生む場所として、現場の業務遂行や販売促進のための店舗支援の重要性が増しています。
本セミナーでは、消費者と店舗、店舗と本部をつなぎ、システムを活用することによる業務変革のポイントを解説しました。その内容を少しだけご紹介します!

新しい生活様式に対応した、これからの店舗販促、情報発信手法について 株式会社ロコガイド  マーケティング部 三宅 秀氏

コロナショックで消費者の意識・行動はどう変わったか?

コロナウイルスの影響で、消費者のなかで節約志向が高まり、短時間で買い物が済むように事前に計画をたてて買い物をするようになっているそうです。

↑ クリックで拡大できます

次にカテゴリごとの節約志向の変化についてです。図にあるように、「趣味・レジャー」「交際費」などは節約志向が緊急事態宣言解除直後に比べて減りつつありますが、「生活全般」、「食品」、「生活日用品」については解除後も節約志向が高まっていることがわかります。コロナウイルスによる先行き不安から、このような生活日用品に対する節約志向が定着してきているようです。趣味などをずっと我慢することは難しいですが、生活品など、節約できるものは今後も節約していきたいですよね。

↑ クリックで拡大できます

また、買い物情報を得る手段については、ウインドウショッピングなどリアルでの情報収集ではなく、デジタルでの情報収集が主流となってきています。緊急事態宣言下では、ちらしも含めて販促活動を全面自粛する小売店が多かった一方で、消費者にとって「ちらし」は「時間短縮、効率的な買い物をするための手段」なので、小売店の意識と消費者のニーズにギャップが生まれています。これにより、事前に買い物前に情報収集できるような「リアルタイムかつ正確な情報掲載」が必要になっています。

小売側が提供する「買い物体験」の変化

密を避ける新しい買い物体験サービス

  • 事前注文、モバイルオーダー
  • 買い物代行
  • セルフ決済
  • ネットスーパー、ドライブスルー
  • BOPIS

コロナの影響により、新しいサービスが加速してきており、買い物の形が変わってきています。
タクシー事業者と連携して、タクシーにスーパーの買い物代行をしてもらうといった画期的なサービスも各小売店で取り組みが始まってきているそうです。

情報発信の際のポイント

これまでのまとめ

  1. 節約志向が高まっている
  2. 買い物頻度は減った
  3. 計画的な買い物が増えた
  4. 密を避ける新しい買い物体験が始まっている

買い物前の段階で、いかに有益な情報をタイミングよく届けるか」が販促、情報発信をする上でポイントになります。最後に情報発信の際のポイントについてもご紹介いただきました。

情報発信の際のポイント

プッシュ型ではなくプル型
広告で発信するのではなく、情報を事前に掲載しておいて、消費者が調べたときにしっかりとその情報が出るようにする
密を避けるための情報発信
混雑情報やソーシャルディスタンスの情報、キャッシュレスの導入状況などを掲載する
情報発信までのリードタイムは短い方がいい
紙媒体ではなくデジタルでの発信により、リアルタイムでの情報を届ける
■買い物前にアプリなどで情報収集ができるシステム「トクバイ」の詳細はこちら
■リテール業界のWebメディア「リテールガイド」はこちらから

withコロナの状況化で取り組むべき「店舗販促の強化」と「販促支援の効率化」について 株式会社SPinno  クラウド事業部 クラウドソリューション 倉林 宏樹氏

小売り業界の現状と今後について

  • 巣ごもり需要(特需)から売上が戻ることや、在宅勤務が起因して小商圏化
  • 人手不足により、業務効率化が重要になる
  • 非接触での購買活動は今後も続く、特にECの成長の余地はまだまだある

世界的にリアル店舗への投資が進んでいるので、「リアル店舗での購買、リアル店舗の価値」は今後も重要になってきます。そこで、小売業界においてポイントとなるのが、「顧客体験の向上」です。特需が終わった後も、「顧客に継続して来店してもらう、ファンになってもらう」ということが重要になります。

コロナ禍における販促

↑ クリックで拡大できます

次に、コロナ前後での販促に関する推移についてです。
コロナによって、販促活動が全面的に自粛になり、店頭では案内/告知POPのみ展開され、まずは従業員と消費者の安全を第一にした運営がされるようになりました。それにより、「密を避け、滞在時間を短く、必要な商品を購買してもらうこと」が重要になってきています。では今後、ニューノーマルな販促としてどのようなことが重要となるでしょうか?

今後の販促について

消費者目線の店舗販促を強化することが、今後の売上に紐づいていきます。そして、今のうちに顧客をしっかりつかんでファンにすることが店舗運営のポイントとなります。
次に、「店舗販促」における課題について紹介いただきました。

顧客体験を向上させるための販促
わくわく、発見がある売場づくりのための販促
安全・安心の訴求(感染対策)
コロナ対策に信頼感をもてる店舗にする

店舗販促の課題

店舗運営において、店舗と本部ともにさまざまな課題があります。このような課題を解決するためには、「販促業務の効率化」と「店舗と本部間で販促の見える化」が重要なポイントになります。具体的には、アナログ対応しているものをシステム化する、分散しているデータを一元管理してうまくデータを活用することにより、業務効率化につなげることができます。

■販促業務の効率化、施策の最適化を支援するシステム「SPinno」の詳細はこちら

今後の店舗運営に必要とされる、本部と店舗をつなぐ情報伝達の在り方 株式会社ドリーム・アーツ カスタマーサクセス統括本部 らんグループ 平井 里佳

リテール業界における情報伝達ツールの位置づけ

最近、情報伝達ツールとして、メールや掲示板、チャットに加え、WEB会議も増えてきており、デジタル化が急激に進んできています。 次の図は、Googleトレンドでここ最近の検索流量を比べたものです。

では、リテール業界でこれらのツールはうまく活用できているのでしょうか? 弊社が実施したアンケートでは、驚きの結果が出ています。(詳しくは下記でご案内する動画をご覧ください)

また、多店舗運営において、さまざまな情報伝達ツールをうまく活用するには、その特性を理解することが大事です。次の図は、情報伝達ツールごとの特性を示したものです。

チェーンストア企業における「多店舗」という独特の組織構造において、情報伝達に求められることを「Shopらん」であれば実現できます。具体的にどのように実現できるのでしょうか?
このあとの詳しいご紹介を含め、本セッションの内容をすべて動画に収録しました。ぜひ下記よりご覧ください!

本セミナーの動画版配信中!
→視聴申込はこちらから


最新プレスリリースのご紹介

ドリーム・アーツは、このたび日本マイクロソフトが主催する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2020」 において今年度より新設された「Social Responsibility アワード」を受賞しました!大企業やチェーンストア向けに提供している「Shopらん」「SmartDB」「INSUITE」の導入実績が急速に変化する社会へ対応できると、高く評価していただきました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?現在、多店舗企業さまは、コロナの影響で大変忙しくされているかと思いますが、店舗業務と販促支援において、今回ご紹介した各ソリューションを活用することで、ニューノーマルで効率的な店舗運営を実現しませんか?

「Shopらん」は、定期セミナーやご相談カフェをオンラインで開催しております。
詳細を知りたい方は、どうぞお気軽にご参加ください!

お気軽にご相談ください

製品デモやユーザー事例などの詳しいご紹介など、ご対応可能です

資料ダウンロードお申し込み

フォーム送信後、すぐにダウンロードURLをメールでお送りします

「Shopらん」ご紹介資料のダウンロードURLをお送りします

株式会社ドリーム・アーツは、お客さまからご提供いただく個人情報の保護のため、個人情報保護方針を定めています。本サイト上でご提供いただいた個人情報は、個人情報保護方針の規定に基づき取り扱います。
個人情報取扱い同意書
「Shopらん®︎」は、10店舗以上の多店舗経営の企業・団体さまにおけるご利用を想定したサービスです。お申し込みいただいた情報によりましては、ご質問への回答・資料提供を見送らせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。