今話題の「レジゴー」を、イオンで体験してきた

Shopらんチーム 川野

こんにちは、Shopらんチームの川野です。

突然ですが皆さん、「レジゴー」って、ご存知ですか?
「レジゴー」とは、イオンリテール株式会社が展開する会計システムの呼称です。買い物時、商品をカゴへ入れるタイミングで、顧客自身が貸出用の専用スマートフォンで商品のバーコードをスキャンし、専用レジで会計する仕組みになっています。商品をスキャンした後は、専用レジで会計を済ませることができるため、レジの待ち時間を大幅に短縮することが期待されています。
今回は、話題の「レジゴー」がイオン広島祇園店に西日本で初めて導入されたということで、早速体験に行ってきました!

「レジゴー」を体験!

まず、お店の入口で、スマートフォンホルダーがついたカートを取ります。そこに貸出用のスマホをセットし、お買い物スタートです!

altテキスト

準備ができたら好きな商品を手に取り、バーコードをスキャン。とても簡単ですし、何より楽しい。
これはお子さんが喜ぶだろうなと思い周りを見ると、やはり、子供連れのお客さんが多く利用しているように感じました。また、店内放送や動画でも、お子さんの買い物体験を訴求してるものが多い印象でした。

altテキスト

最後にお会計ですが、専用のレジコーナーで備え付けのQRコードを読み取ると、購入データが連携されます。バーコードのスキャンは終わっているので、支払いをするだけ。ほとんど時間はかかりませんでした。

altテキスト

体験してみて

ひとことで言うと、「簡単」で「楽しい」という感想ですね!面白くて、ついつい買いすぎてしまいましたが、また買いに行きたいなと思える体験でした。どうやら楽しんだのは私だけではないらしく、調べてみると「レジゴー」利用者の商品購入点数は、他のレジ利用者と比べて15%ほど増加したという結果が出ているようです。

また、レジの待ち時間・利用時間の短縮という点では、ソーシャルディスタンスの確保にも一役買っているなと思いました。レジでのお会計は本当にすぐ終わるので、列に並んだり、バーコードをスキャンしたりする間に密集状態になってしまうことを極力防げそうです。

接客不要のメリットは店舗側にもあります。密接を避けられますし、空いた時間を他の作業に充てることができるようになります。既にある店舗では、労働時間30%削減という結果も出ているようです。なお、イオンリテールによると、有人レジは引き続き残していくそうです。「顧客側に選択肢が用意されている」という点は重要なポイントだなと感じました。

「レジゴー」の今後

現在は貸出用スマホを使った利用に限られていますが、これから顧客自身のスマホでも利用できるようになる予定とのことなので、利用者の層は更に広がりそうです。
例えば普段カートを使わない人たちでも、自分のスマホにアプリをダウンロードしていれば、そこまで利用のハードルは高くないと思います。そこへ更に、「レジゴー」利用でポイントが溜まったり、ちょっと安くなったりするなら、一気に利用は加速しそうです。

イオンリテールでは上記に加えて、店頭にない商品でも、スマホからネットスーパーに誘導したり、ネットスーパーで買ったものを店頭で受け取ったり(BOPIS)できる仕組みも検討中のようです。

なお、「レジゴー」は基本的に全店舗に導入が可能だそうです。皆さんの近所の店舗でも、導入される日は近いかもしれませんね。


イベント情報

「Shopらん」は、定期セミナーやご相談カフェをオンラインで開催しております。どうぞお気軽にご参加ください!

お気軽にご相談ください

製品デモやユーザー事例などの詳しいご紹介など、ご対応可能です

資料ダウンロードお申し込み

フォーム送信後、すぐにダウンロードURLをメールでお送りします

「Shopらん」ご紹介資料のダウンロードURLをお送りします

株式会社ドリーム・アーツは、お客さまからご提供いただく個人情報の保護のため、個人情報保護方針を定めています。本サイト上でご提供いただいた個人情報は、個人情報保護方針の規定に基づき取り扱います。
個人情報取扱い同意書
「Shopらん®︎」は、10店舗以上の多店舗経営の企業・団体さまにおけるご利用を想定したサービスです。お申し込みいただいた情報によりましては、ご質問への回答・資料提供を見送らせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。